送信装置、受信装置及びチップ

開放特許情報番号
L2018002112
開放特許情報登録日
2018/10/8
最新更新日
2018/10/8

基本情報

出願番号 特願2013-200593
出願日 2013/9/26
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-070333
公開日 2015/4/13
登録番号 特許第6366915号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置、受信装置及びチップ
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置、受信装置及びチップ
目的 MIMO伝送方式において階層伝送を実現することができる送信装置、受信装置及びチップを提供すること。
効果 本発明によれば、MIMO伝送方式において階層伝送を実現することができる送信装置、受信装置及びチップを提供することができる。
技術概要
送信装置であって、
入力された信号を複数の階層に分割するように構成されている階層分割部と、
第1階層に属する第1信号に対して空間多重化処理を施すように構成されている空間多重化処理と、
第2階層に属する第2信号及び第3階層に属する第3信号に対して時空間符号化処理を施すように構成されている時空間符号化処理部と、
前記空間多重化処理が施された前記第1信号と前記時空間符号化処理が施された前記第2信号とを合成するように構成されている階層合成部と、
前記階層合成部によって合成された合成信号に対して周波数インターリーブ処理及び偏波間インターリーブ処理を施し、かつ、前記時空間符号化処理が施された前記第3信号に対して偏波間インターリーブ処理を施すことなく周波数インターリーブ処理を施すように構成されているインターリーブ手段と、を具備することを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT