イチジク由来の抗I型アレルギー剤およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018002051
開放特許情報登録日
2018/9/21
最新更新日
2018/9/21

基本情報

出願番号 特願2010-048225
出願日 2010/3/4
出願人 公益財団法人東洋食品研究所
公開番号 特開2011-184310
公開日 2011/9/22
登録番号 特許第5739109号
特許権者 公益財団法人東洋食品研究所
発明の名称 イチジク由来の抗I型アレルギー剤およびその製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 抗I型アレルギー剤およびその製造方法
目的 安全性が高く、継続的に使用できるイチジク由来の抗I型アレルギー剤およびその製造方法を提供すること。
効果 イチジク由来の抗I型アレルギー剤およびその製造方法は、アレルギー症状を緩和・抑制・予防するために利用することができる。
技術概要
I型アレルギーを発症した患者に対しては、通常、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの薬剤が投与される。これらの薬剤は効果が高い反面、眠気・口渇・胃腸障害などの副作用が問題となっている。また、アレルギー症状を改善するためには長期間の投薬を要するため副作用の虞がある薬剤ではなく、治療のために安全性が高く継続的に使用できる抗アレルギー剤が望ましい。天然由来の抗アレルギー剤であれば、上記薬剤に比べて安全性は高いと考えられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT