植物抽出組成物およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018002050
開放特許情報登録日
2018/9/21
最新更新日
2018/9/21

基本情報

出願番号 特願2009-223185
出願日 2009/9/28
出願人 公益財団法人東洋食品研究所
公開番号 特開2011-068622
公開日 2011/4/7
登録番号 特許第5509495号
特許権者 公益財団法人東洋食品研究所
発明の名称 植物抽出組成物およびその製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造、検査・検出
適用製品 植物抽出組成物およびその製造方法
目的 単一の植物体の果実以外の部位から抽出したルチン、カフェリンゴ酸およびイソプソラル酸グルコシドなどの機能性成分を含有する植物抽出組成物、および、効率よくこれら機能性成分を抽出できる植物抽出組成物の製造方法を提供すること。
効果 単一の植物体から複数の所望の機能性成分が抽出できるため、効率よく機能性成分を抽出することができる。
技術概要
アルコールに酸を終濃度が0.1〜5%となるように添加した酸−アルコール溶媒を抽出溶媒としてイチジク葉から抽出した機能性成分として、ルチン、カフェリンゴ酸およびイソプソラル酸グルコシドを含有する植物抽出組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT