フロクマリン類の含有量を低減したイチジクの製造方法

開放特許情報番号
L2018002048
開放特許情報登録日
2018/9/21
最新更新日
2018/9/21

基本情報

出願番号 特願2009-223186
出願日 2009/9/28
出願人 公益財団法人東洋食品研究所
公開番号 特開2011-067179
公開日 2011/4/7
登録番号 特許第5481746号
特許権者 公益財団法人東洋食品研究所
発明の名称 フロクマリン類の含有量を低減したイチジクの製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、検査・検出
適用製品 イチジクを加工処理する方法
目的 光毒性接触皮膚炎等の光による皮膚疾患の発症や、薬物の副作用を増大させる虞のないイチジクを提供すること。
効果 イチジクに含まれるフロクマリン類が分解又は揮発・散逸されてその含有量が大幅に低減されるため、光毒性接触皮膚炎等の光による皮膚疾患の発症や、薬物の副作用を増大させる等の健康被害をもたらす虞のないイチジクを製造することができる。
技術概要
 
イチジクを95℃〜100℃の蒸気で加熱する加熱工程と、
前記加熱工程で加熱したイチジクの温度を35℃〜60℃に維持して攪拌しながら乾燥する第1乾燥工程と、
前記第1乾燥工程で乾燥したイチジクを、55℃〜65℃で乾燥する第2乾燥工程とを包含するフロクマリン類の含有量を低減したイチジクの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT