木質材料の難燃化処理方法及び木質防火材

開放特許情報番号
L2018002038 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/9/28
最新更新日
2018/9/28

基本情報

出願番号 特願2010-275225
出願日 2010/12/10
出願人 広島県
公開番号 特開2012-121274
公開日 2012/6/28
登録番号 特許第5729718号
特許権者 広島県
発明の名称 木質材料の難燃化処理方法及び木質防火材
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 木質材料の難燃化処理方法及び木質防火材
目的 難燃性を有すると共に木材の表面白華現象を抑制した木質材料を低コストで製造することができる木質材料の難燃化処理方法及び難燃性を有すると共に木材の表面白華現象を抑制した木質防火材を提供すること。
効果 木質材料の難燃化処理方法を使用することで、難燃性を有すると共に木材の表面白華現象を抑制した木質材料を低コストで製造することができる。また難燃性を有すると共に木材の表面白華現象を抑制した木質防火材を得ることができる。
技術概要
リン酸、マグネシウム、アンモニウム成分が結合・析出せずイオン状態で溶液中に存在する酸性の水溶液を木質材料に注入する注入工程と、
前記注入工程後、アルカリ溶解性の高分子剤を含むアルカリ性の水溶液を前記木質材料に接触させることにより、前記木質材料の表面に前記高分子剤の不溶化物を生成させると共に、前記木質材料の内部にリン酸マグネシウムアンモニウムを主成分とする難溶性物質を生成させる生成工程と、
を含むことを特徴とする木質材料の難燃化処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT