採材支援装置および制御プログラム

開放特許情報番号
L2018002031 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/9/28
最新更新日
2018/9/28

基本情報

出願番号 特願2015-152832
出願日 2015/7/31
出願人 広島県
公開番号 特開2017-033302
公開日 2017/2/9
登録番号 特許第6300211号
特許権者 広島県
発明の名称 採材支援装置および制御プログラム
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 採材支援装置
目的 実際に立木を伐倒せずとも、より価値の高い丸太を切り出すための採材位置を把握し、立木の価値を精度良く見積もることを可能とする採材支援装置を提供すること。
効果 実際に立木を伐倒せずとも、より価値の高い丸太を切り出すための採材位置を把握し、立木の価値を精度良く見積もることができる。
技術概要
採材支援装置は、立木の形状を示す座標情報を取得する座標情報取得部と、上記座標情報取得部によって取得された座標情報を用いて、上記立木から切り出し可能な丸太の採材位置を模擬的に指定する採材位置模擬部と、上記採材位置模擬部によって指定された採材位置によって特定される丸太の曲りの程度を示す最大矢高を算出する矢高算出部と、採材位置が指定された上記丸太のうち、上記矢高算出部により算出された最大矢高が最小となる丸太、または、上記最大矢高に基づいて評価された丸太の価値が最も高くなる丸太を切り出すための採材位置を、上記立木に適用する最適採材位置として決定する採材位置決定部と、を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT