パイプハウス用シート被装・収納具及びパイプハウスのシート被装・収納方法

開放特許情報番号
L2018002010
開放特許情報登録日
2018/9/14
最新更新日
2018/9/14

基本情報

出願番号 特願2009-022465
出願日 2009/2/3
出願人 米山 忠雄
公開番号 特開2010-178632
公開日 2010/8/19
登録番号 特許第4457367号
特許権者 米山 忠雄
発明の名称 パイプハウス用シート被装・収納具及びパイプハウスのシート被装・収納方法
技術分野 食品・バイオ、土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 パイプハウス用シート被装・収納具及びパイプハウスのシート被装・収納方法
目的 構成が簡単で軽量であるからシート被装作業が容易であるし、パイプ組成体に屋根シートを被装しながら順次係着するので風によって煽られることがなく作業効率に優れており、しかも被装した屋根シートを収納する作業も容易に行うことができるパイプハウス用シート被装・収納具及びパイプハウスのシート被装・収納方法を提供すること。
効果 パイプハウス用シート被装具を構成するシート移送台は、シート搭載部とシート受け部とシート搭載部の後端側に設けた後方引き索とにより、パイプ組成体上を前後方向に移動可能で、極めて軽量に構成してあるから、搭載した屋根シート束を地上から牽引してシート受け部を押動することによりパイプ組成体に屋根シートを被装し、かつ、被装してある屋根シートは後方牽引索を牽引してシート受け部で受け止めてシート搭載部に収納できるから、屋根シートの被装と収納の作業性に優れており、取扱いが容易であるし、故障も無く耐久性に優れている。
技術概要
複数本のアーチパイプをセンターパイプに連結し、地盤に所定の間隔で列設してなるパイプ組成体上に屋根シートを被装するパイプハウス用シート被装具であって、前記パイプ組成体上を前後方向に移動可能なシート搭載部と、該シート搭載部の前端側に形成したシート受け部と、前記シート搭載部の後端側に設けた後方引き索とからなり、前記シート受け部は前記シート搭載部に搭載した屋根シート束を地上から被装方向に牽引することにより押動され、前記後方引き索を後方に牽引することにより屋根シートを受け止める一対のシート移送台を、前記センターパイプの両側に位置するように横方向に連結し、該各シート移送台の対向する側縁に、前記センターパイプに当接し、かつ前記アーチパイプを乗り越え可能なガイド材を設けてなるパイプハウス用シート被装・収納具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT