トリプレート型平面アンテナ

開放特許情報番号
L2018002007
開放特許情報登録日
2018/9/14
最新更新日
2018/9/14

基本情報

出願番号 特願2010-002233
出願日 2010/1/7
出願人 日本無線株式会社
公開番号 特開2011-142514
公開日 2011/7/21
登録番号 特許第5650409号
特許権者 日本無線株式会社
発明の名称 トリプレート型平面アンテナ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 トリプレート型平面アンテナの偏波面制御
目的 指向性のサイドローブレベルの上昇や、利得の低下といったアンテナ性能の低下なしに、配列の基準方向に対する偏波面の角度を容易に所望値に制御すること。
効果 アンテナの性能をほとんど低下させること無く、容易に、偏波面制御を行うことができる。特に、交差偏波識別度特性は、偏波面制御しない場合より、向上することができる。即ち、配列の基準方向に対して、任意の偏波面角度をもつトリプレート型平面アンテナを、従来よりも容易に、しかも、より高性能に、実現することができる。
技術概要
トリプレート型平面アンテナにおいて、
前記トリプレート平面アンテナの開口面に積層された誘電体と、
前記開口面に誘電体を介して積層され、かつ前記トリプレート平面アンテナの素子の全てに共通に形成された偏波グリッドとを備え、
前記偏波グリッドは、
前記開口面の基準方向に対して角度θ傾斜し、かつ前記開口面と前記偏波グリッドとで挟まれた領域における実効波長λgの四分の一に亘って前記開口面から隔たった位置に配置された
ことを特徴とするトリプレート型平面アンテナ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日本無線株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT