シンナムアルデヒドを用いたインフルエンザ予防用マスク、インフルエンザ予防方法及び該予防装置

開放特許情報番号
L2018001997
開放特許情報登録日
2018/9/13
最新更新日
2018/9/13

基本情報

出願番号 特願2017-124198
出願日 2017/6/26
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 特開2017-172103
公開日 2017/9/28
発明の名称 シンナムアルデヒドを用いたインフルエンザ予防用マスク、インフルエンザ予防方法及び該予防装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 シンナムアルデヒドを用いたインフルエンザ予防用マスク、インフルエンザ予防方法及び該予防装置
目的 インフルエンザウイルスの予防に必要なシンナムアルデヒドの空気中の濃度範囲の設定及び該濃度範囲を基とした、シンナムアルデヒドを使用したインフルエンザ予防方法及び該予防装置を提供すること。
効果 本発明のシンナムアルデヒドを用いたインフルエンザ予防用マスクでは、長時間にわたって呼気とともに、鼻、口腔内、咽喉、上気道に、シンナムアルデヒドを供給することができる。
シンナムアルデヒドを用いたインフルエンザ予防用マスクの具体的な効果としては、インフルエンザの予防に加え、のどの消炎・乾き防止、声がれの防止、咽頭炎の防止、扁桃腺炎の防止、口内炎・口臭の除去、鼻炎予防・治療・加湿、鼻詰まり改善、花粉症予防、睡眠導入効果等があげられる。
技術概要
マスク本体、鼻孔及び/又は口の接触部、シンナムアルデヒド若しくはシンナムアルデヒドを主成分とするシナモン抽出物を塗布又は含浸可能な吸着層を含み、該吸着層が該マスク本体と該鼻孔及び/又は口の接触部間に挟まれており、並びに、空気中で0.7mg/h〜5.0mg/hのシンナムアルデヒドを放散することを特徴するインフルエンザ予防用マスク。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT