コンドロイチン/デルマタン硫酸並びにこれを含む抗炎症剤、保湿剤及び抗血液凝固剤

開放特許情報番号
L2018001993
開放特許情報登録日
2018/9/13
最新更新日
2018/9/13

基本情報

出願番号 特願2016-170377
出願日 2016/8/31
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 特開2018-035281
公開日 2018/3/8
発明の名称 コンドロイチン/デルマタン硫酸並びにこれを含む抗炎症剤、保湿剤及び抗血液凝固剤
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 コンドロイチン/デルマタン硫酸
目的 より安価に、且つ大量に取得でき、尚かつ種々の有用な用途が期待できる新規なコンドロイチン/デルマタン硫酸と、その取得方法を提供すること。
効果 新しい生理活性が期待でき、幅広い範囲に応用できる可能性が高く、従来のものと同様、抗炎症剤などの医薬品をはじめ、保湿剤として化粧品あるいは目薬に、また、ゲル化剤・ゼリー化剤等の食品添加物として利用しうる。また角膜コラ−ゲン繊維の安定化を促進し、目の組織の機能保持に有効であることが報告されていることから、牛皮・豚皮などから抽出されるコラ−ゲンとのブレンドによって組織修復材料としての応用も考えられる。さらに生理・薬理活性だけではなく、高分子電解質としての特性を示すことから工業的応用も期待できる。
技術概要
非硫酸化GalNAc(%):2.64±0.34、
C6位一硫酸化GalNAc(%):9.85±3.63、
C4位一硫酸化GalNAc(%):77.6±3.45、
C4,C6位二硫酸化GalNAc(%):1.55±0.9、
C2,C6位二硫酸化GalNAc(%):4.14±1.70、
C2,C4位二硫酸化GalNAc(%):4.29±1.35、及び、
主鎖にイズロン酸(%):17.6±5.34を含んでなるコンドロイチン/デルマタン硫酸。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT