建築限界離れ測定装置及び建築限界判定装置

開放特許情報番号
L2018001909
開放特許情報登録日
2018/9/6
最新更新日
2018/9/6

基本情報

出願番号 特願2016-196456
出願日 2016/10/4
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-059770
公開日 2018/4/12
発明の名称 建築限界離れ測定装置及び建築限界判定装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 建築限界離れ測定装置及び建築限界判定装置
目的 建築限界離れ測定装置及び建築限界判定装置を提供すること。
効果 本発明の実施形態による建築限界離れ測定装置によれば、鉄道車両の走行時に、建築限界離れの正確なデータの測定を行うことができる。
技術概要
鉄道車両に搭載されて前記鉄道車両の走行空間に存在する目的物を検出する測域センサと、
前記測域センサの測定タイミングにおける前記鉄道車両の移動経路上の位置を検出する位置センサと、
前記鉄道車両の軌道に対する位置から前記鉄道車両の動揺を検出する動揺検出部と、
前記測域センサ、位置センサ、動揺検出部のそれぞれが同一タイミングに検出した検出結果を対応付けて記録する記録部と、
を備える建築限界離れ測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT