電機子及び電機子を搭載したブレーキ装置

開放特許情報番号
L2018001898
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2016-219061
出願日 2016/11/9
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-078719
公開日 2018/5/17
発明の名称 電機子及び電機子を搭載したブレーキ装置
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 電機子及び電機子を搭載したブレーキ装置
目的 枕木方向(横方向)に間隔をおいて磁極を設けた極体配置を維持し、かつレール頭部に対して磁極間の漏れ磁束を十分に抑制する磁極間隔としつつ十分な鉄心対向面積を確保することができる電機子及び電機子を搭載したブレーキ装置を提供する。
効果 レール頭部に対して十分なブレーキ力を発生させるだけの対向面積を確保することが可能となる。
また、電機子の極数を一定とした場合、従来構造の電機子と比較し、レールと電機子の間のギャップを広げても、所定のギャップ磁束密度を確保することが可能となる。
また、レールと電機子の間のギャップを一定とした場合、従来構造の電機子と比較し、電機子の極ピッチを縮小しても、所定のギャップ磁束密度を確保することが可能となる。
技術概要
基準線となる第1方向に間隔をおいて設けられた第1及び第2コア部材とこれらコア部材間を連結する連結部材とを有する磁心と、該磁心の周囲に設けられ、通電により磁力を発生させるコイルと、を具備し、
前記第1コア部材は前記第2コア部材に対して互いに平行となる位置関係に設けられていることを特徴とする電機子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT