床材及びその使用方法

開放特許情報番号
L2018001879
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2017-000840
出願日 2017/1/6
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-109331
公開日 2018/7/12
発明の名称 床材及びその使用方法
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 床材及びその使用方法
目的 歩行方向によってすべり抵抗が異なるように加工された表面を備えることにより、歩行の際にすべり抵抗が異なるので、本来の歩行方向とその反対の歩行方向とを歩行者が容易に知覚することができる床材及びその使用方法を提供すること。
効果 床材は歩行方向によってすべり抵抗が異なるように加工された表面を備える。これにより、歩行の際にすべり抵抗が異なるので、本来の歩行方向とその反対の歩行方向とを歩行者が容易に知覚することができる。
技術概要
歩行方向によってすべり抵抗が異なるように異方性抵抗発揮加工された表面を備え、
前記すべり抵抗は、前記歩行方向が所定方向である場合、前記歩行方向が前記所定方向の反対方向である場合よりも大きいことを特徴とする床材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT