テスト用磁気記録信号発生装置、該作成方法及び該プログラム

開放特許情報番号
L2018001871
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2011-064903
出願日 2011/3/23
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2012-203469
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5498983号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 テスト用磁気記録信号発生装置、該作成方法及び該プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 テスト用磁気記録信号発生装置、テスト用通帳作成装置、テスト用磁気記録信号発生方法、およびテスト用磁気記録信号発生プログラム
目的 任意のジッタを生じさせた磁気データを書き込むことが可能な安価で簡易なテスト用磁気記録信号発生装置、テスト用通帳作成装置、テスト用磁気記録信号発生方法及びプログラムを提供する。
効果 任意のジッタを生じさせた磁気データを書き込むことが可能な安価で簡易なテスト用磁気記録信号発生装置、テスト用通帳作成装置、テスト用磁気記録信号発生方法及びプログラムを提供することができる。
技術概要
通帳への印字および磁気記録を制御する記帳制御部と、前記磁気記録を行う磁気記録部との間に着脱可能に接続されるテスト用磁気記録信号発生装置であって、
前記記帳制御部から出力される、前記磁気記録媒体へ書き込む書込データに対応する磁気記録信号を入力される信号入力部と、
前記磁気記録信号に含ませる時間ずれを設定するジッタ時間設定部と、
前記時間ずれを含ませる場所を設定するジッタ箇所設定部と、
前記時間ずれの方向を設定するジッタ方向設定部と、
前記磁気記録信号の前記ジッタ箇所設定部により設定された箇所に、前記ジッタ時間設定部が設定した時間ずれを、前記ジッタ方向設定部により設定された方向に含むテスト用磁気記録信号を生成する信号生成部と、
前記信号生成部が生成した前記テスト用磁気記録信号を前記磁気記録部に出力する信号出力部と、
を有することを特徴とするテスト用磁気記録信号発生装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT