スキャナ装置および該スキャナ装置における撮影対象の置き場所検出方法

開放特許情報番号
L2018001866
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2010-241163
出願日 2010/10/27
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2012-095129
公開日 2012/5/17
登録番号 特許第5491354号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 スキャナ装置および該スキャナ装置における撮影対象の置き場所検出方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 スキャナ装置および該スキャナ装置における撮影対象の置き場所検出方法
目的 外光の状態にかかわらず反射媒体を適切に簡便な方法で撮影することが可能なスキャナ装置および該スキャナ装置における撮影対象の置き場所検出方法を提供すること。
効果 スキャナ装置および該スキャナ装置における撮影対象の置き場所検出方法によれば、外光の状態にかかわらず反射媒体を適切に簡便な方法で撮影することが可能である。
技術概要
撮影対象を載置する台座部と、
前記台座部に載置された前記撮影対象を撮影する撮影部と、
前記台座部に反射媒体を載置した状態で前記撮影部により撮影された画像から、所定輝度以上の階調値を有する画素をハレーション部として特定するハレーション検出部と、
前記台座部上であって前記ハレーション部以外の場所で、所定形状の撮影対象を載置可能な置き場所を検出する置き場所検出部と、
前記台座部上の前記置き場所を表示する表示部と、
を有することを特徴とするスキャナ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT