紙葉類の搬送方向切替装置、搬送方向制御方法、および紙葉類処理装置

開放特許情報番号
L2018001860
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2009-293663
出願日 2009/12/25
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2011-132003
公開日 2011/7/7
登録番号 特許第5468893号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 紙葉類の搬送方向切替装置、搬送方向制御方法、および紙葉類処理装置
技術分野 輸送、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 紙幣の搬送方向切替装置、搬送方向制御方法、および紙葉類処理装置
目的 紙葉類の搬送路などの部品点数を削減し、あるいは製造工数を削減することが可能であって、かつ搬送路の切替え制御が容易に行える紙葉類の搬送方向切替装置および搬送方向制御方法を提供すること。
また、銀行の自動支払い機、自動販売機、自動券売機などの搬送機構全体を複雑化することなしに製造コストの低減を図り、かつ保守点検も容易な紙葉類処理装置を提供すること。
効果 方向転換ドラムを搬送ゲートとして用いることにより、方向転換ドラムだけで搬送方向の切替えを可能にした搬送路が形成される。すなわち、複数の方向転換ドラムを適宜に重ね合わせることで搬送ゲートが構成されるため、複雑なゲート機構や紙葉類のパスウェイを不要とした搬送方向切替装置を実現できる。したがって、本発明の搬送方向切替装置を組合せて使用することによって、紙葉類の収納部における処理容量(カセット容量)の増減にも容易に対応できる紙葉類処理装置が実現できる。
技術概要
紙葉類の搬送方向を切替える搬送方向切替装置において、
前記紙葉類の搬入および搬出が可能な複数の開口部が外周面に形成され、内部で前記開口部の間を接続するように複数の搬送路が形成された方向転換ドラムと、
前記方向転換ドラムをその回転軸周りで所定の位相角に制御することにより、前記方向転換ドラムに搬入される前記紙葉類の搬送方向に前記開口部のいずれかを一致させる制御手段と、
を備え、前記開口部から搬出される前記紙葉類の搬送方向を、前記方向転換ドラムの位相角に応じて複数方向のいずれかに選択するようにし、
前記方向転換ドラムは、外周面に前記回転軸に対して平行な方向に櫛歯状の凹凸面を有し、他の搬送方向切替装置と互いに隣接して配置されたときに、前記他の搬送方向切替装置に対向する前記開口部が前記凹凸面で互いに面接合により前記他の搬送方向切替装置の対応する開口部と接続されることを特徴とする搬送方向切替装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT