自動取引装置

開放特許情報番号
L2018001858
開放特許情報登録日
2018/9/3
最新更新日
2018/9/3

基本情報

出願番号 特願2008-281414
出願日 2008/10/31
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2010-108358
公開日 2010/5/13
登録番号 特許第5501600号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 自動取引装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 自動取引装置
目的 自動取引装置を利用して非接触ICカード等に電子マネー等をチャージする場合に、携帯電話機等の置き位置またはかざし位置を顧客が適切に修正できるようにすること、自動取引装置が携帯電話機を検知していてもサービスがロックされておりサービスが利用できないことや、自動取引装置がサポートしていないサービス用の携帯電話機等であることを顧客に知らせること。
効果 本発明によれば、非接触ICカード機能を有する携帯電話機の置き位置やかざし位置を修正する必要があること、非接触ICカード機能を有する携帯電話でサービスがロックされていること、または、自動取引装置がサポートしていないサービス用の非接触ICカード機能を有する携帯電話であることを、適切なタイミングで顧客に知らせることができる。
技術概要
顧客に対するメッセージを表示する表示手段と、
非接触ICカードまたは非接触ICカード機能を有する携帯電話機に対する読み取り及
び書き込みを行うICカードリーダ/ライタと、
前記ICカードリーダ/ライタが前記携帯電話機と通信を行うことができない場合に、顧客に対して前記携帯電話機のICカード機能をサポートするアプリケーションプログラムがロックされていないかどうかの確認を促すメッセージを前記表示手段に表示させる制御手段とを備える
自動取引装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT