吸着剤

開放特許情報番号
L2018001836
開放特許情報登録日
2018/8/15
最新更新日
2019/11/29

基本情報

出願番号 特願2018-055534
出願日 2018/3/23
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2019-166457
公開日 2019/10/3
発明の名称 吸着材
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ヨウ素選択的吸着能を有する高分子微粒子を有効成分とする吸着材およびその製造方法
目的 様々な有機化合物が溶存する水溶液中において、ヨウ素化合物を選択的に分離回収することを可能にする、吸着材を提供する。
効果 ハロゲン化合物のうち、特にヨウ素を選択的に吸着することが可能であり、かつ、吸着後に当該微粒子を所定の温度に加熱することで、吸着したヨウ素を脱着することが可能で、効率的に溶存するヨウ素を分離・回収することを可能にする。
技術概要
下記一般式[1]で示される構造を有する化合物を有効成分として含有する吸着材
【化1】

(式中、R1はメチル基またはエチル基で置換されていてもよい)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT