結球野菜の外葉処理装置

開放特許情報番号
L2018001820
開放特許情報登録日
2018/8/15
最新更新日
2019/9/25

基本情報

出願番号 特願2018-005428
出願日 2018/1/17
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2019-123044
公開日 2019/7/25
発明の名称 結球野菜の外葉処理装置
技術分野 機械・加工、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 結球野菜の外葉処理装置
目的 レタスやキャベツ等の結球野菜から不要な外葉を切除し、出荷状態にまで結球野菜の形を整えることを可能とする結球野菜の外葉処理を提供する。
効果 圃場から収穫される不要な外葉がついたレタスやキャベツ等の結球野菜の外葉処理を確実にかつ効率的に行うことができ、外葉処理が必要な結球野菜を収穫から出荷状態にまで整える作業の効率化、省力化を効果的に図ることができる。
技術概要
圃場から収穫された結球野菜から不要な外葉を取り除き、出荷状態の形態に整える結球野菜の外葉処理装置であって、
収穫後の結球野菜を支持する支持機構と、
前記支持機構に前記結球野菜を支持し、結球野菜の結球部の高さhを検知する高さ検知機構と、
前記収穫後の結球野菜から、不要な外葉を切除する切断刃を備える切断機構と、
結球部の高さhに基づいて結球野菜の適切り高さHを推定する推定式にしたがい、前記高さ検知機構による高さhの検知結果から前記切断刃を適切り高さHに位置制御する制御機構と、
を備えることを特徴とする結球野菜の外葉処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT