電子タグを用いた位置情報追跡システム

開放特許情報番号
L2018001805
開放特許情報登録日
2018/8/20
最新更新日
2018/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-295521
出願日 2006/10/31
出願人 富士通セミコンダクター株式会社
公開番号 特開2008-113308
公開日 2008/5/15
登録番号 特許第4781968号
特許権者 富士通セミコンダクター株式会社
発明の名称 電子タグを用いた位置情報追跡システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 電子タグを用いた位置情報追跡システム
目的 GPS機能等に依存することなく、携帯電話に通信が不可能な状況に陥っても、児童等の管理対象者の位置情報を追跡することを可能にすること。
効果 ICタグの網が児童等の移動体の履歴を残すため、どのような場所に隠れようとも足取りが追え、したがって、誘拐すること自体、犯人にとってリスクとなり、誘拐犯罪の発生減少に繋がる。
さらに、児童が誘拐された場合でも、直ぐに児童の追跡が可能となるため、近くの住民の聞き込み作業をせずとも捜査を進めることが出来るようになり、犯罪の抑制と、早期の事件解決に寄与することができる。
技術概要
固定物に設置された固定電子タグと、識別番号が記録されるとともに、電磁波を発生させるリーダー機能とバッテリとを有する移動体用電子タグと、携帯通信機器端末の端末電子タグ用リーダーとからなり、前記携帯通信機器端末は前記移動体用電子タグと該携帯通信機器端末とを一定の時間で通信する機能を有し、前記携帯通信機器端末と前記移動体用電子タグの通信が途切れた場合、前記移動体用電子タグは前記内蔵するバッテリを電源として電磁波を発生させ、前記識別番号を固定電子タグへ発信することを特徴とする電子タグシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT