ICカード及びその使用方法

開放特許情報番号
L2018001797
開放特許情報登録日
2018/8/20
最新更新日
2018/8/20

基本情報

出願番号 特願2002-063951
出願日 2002/3/8
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2003-263616
公開日 2003/9/19
登録番号 特許第3928082号
特許権者 富士通セミコンダクター株式会社
発明の名称 ICカード及びその使用方法
技術分野 情報・通信、機械・加工、電気・電子
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 ICカード、及びICカードの使用方法
目的 特別な付加装置が不要な非接触型ICカードとして設計可能であり、水系電解質の液漏れ等のおそれがなく、電池などの電力供給源の搭載が不要であり、内部で発生させた電気の電圧を利用して簡便かつ安価に、しかも該電圧が取り去られた後でも実用上差し支えのない時間だけ情報の表示が可能なICカード及びその使用方法を提供すること。
効果 特別な付加装置が不要な非接触型ICカードとして設計可能であり、水系電解質の液漏れ等のおそれがなく、電池などの電力供給源の搭載が不要であり、内部で発生させた電気の電圧を利用して簡便かつ安価に、しかも該電圧が取り去られた後でも実用上差し支えのない時間だけ情報の表示が可能なICカード及びその使用方法を提供することができる。
技術概要
弾性変形可能な範囲で反らせて変形させて使用され、変形により発電可能な圧電素子と、該圧電素子が発生させた電気により駆動され、情報を表示可能な表示部とを備えたことを特徴とするICカード。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT