細胞凝集塊形成能を有するペプチド

開放特許情報番号
L2018001782
開放特許情報登録日
2018/8/17
最新更新日
2018/8/17

基本情報

出願番号 特願2013-100163
出願日 2013/5/10
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2014-218474
公開日 2014/11/20
登録番号 特許第6153379号
特許権者 学校法人 関西大学
発明の名称 細胞凝集塊形成能を有するペプチド
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞凝集塊形成能を有するペプチド、細胞凝集塊形成剤、及び細胞凝集塊の形成方法
目的 細胞凝集塊形成方法を提供すること。
特に、細胞に対するダメージがより小さく、より簡便且つ効率的な細胞凝集塊形成方法を提供すること。
効果 本発明によれば、細胞凝集塊形成能を有するペプチド、細胞凝集塊形成剤、及び細胞凝集塊形成方法を提供することができる。本発明のペプチドは、細胞に対して与えるダメージが少ない。したがって、本発明のペプチドを用いることにより、細胞に対するダメージをより低く抑えつつも、より簡便且つ効率的に細胞凝集塊を形成することができる。
技術概要
一般式(1):
【化1】

[式中、j及びkは異なって1又は2を示し、nは6〜10の整数を示し、p及びqは同一又は異なって0又は1を示し、XはPro、又はLys−Proを示し、YはLys、又はLys−Proを示す]
で示されるアミノ酸配列からなるペプチド。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT