高分子および当該高分子の製造方法

開放特許情報番号
L2018001781
開放特許情報登録日
2018/8/17
最新更新日
2018/8/17

基本情報

出願番号 特願2013-096035
出願日 2013/4/30
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2014-218532
公開日 2014/11/20
登録番号 特許第6156818号
特許権者 学校法人 関西大学
発明の名称 高分子および当該高分子の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高分子および当該高分子の製造方法
目的 ホストとなる新規な高分子を提供すること。
効果 本発明の高分子では、環状構造と結合鎖−R↑2−とによって、空孔を有する筒状構造が形成されているため、ゲストを包接するホスト高分子として機能する。また、当該高分子は有機溶媒に可溶であり、成形にも優れるものである。
本発明の高分子の製造方法によれば、ゲストを包接するホスト高分子として機能し、成形にも優れる上記高分子を得ることができる。
技術概要
下記一般式1で示された構造を含む高分子であって、【化1】

(一般式1において、nは4〜8の整数であり、−R↑1は−OH、−CH↓3または−C(CH↓3)↓3である。ただし、nが4、6、7または8の場合、メチレン基はベンゼン環の2位の炭素と6位の炭素とに結合しており、nが5の場合、メチレン基はベンゼン環の2位または3位の炭素と6位の炭素とに結合しており、3位の炭素に結合している場合、R↑1は−OHである。)
nつの繰り返し単位で構成された環状構造同士における1位の酸素原子同士が、
水素原子が置換されていてもよく、炭素原子間に酸素原子、硫黄原子、窒素原子の少なくも1つが挿入されていてもよい1〜18つのメチレン基を含む結合鎖−R↑2−によって結合されており、
全体として筒状構造となっていることを特徴とする高分子。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT