圧電性高分子の造形方法

開放特許情報番号
L2018001757
開放特許情報登録日
2018/8/10
最新更新日
2018/8/10

基本情報

出願番号 特願2016-505084
出願日 2015/1/6
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 WO2015/129291
公開日 2015/9/3
発明の名称 圧電性高分子の造形方法
技術分野 機械・加工、電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 圧電性高分子の造形方法および当該造形方法により得られる構造体
目的 圧電性高分子を、三次元造形装置を用いて所望の三次元構造を有する構造体に造形すると共に、得られる構造体に圧電性を発現させることができる造形方法を提供すること。
効果 本発明の造形方法によれば、圧電性高分子を様々な形状の構造体に造形することができ、同時に良好な圧電特性を発現させることができる。
技術概要
ノズルから圧電性高分子を含む造形材料を吐出して造形する三次元造形装置を用いて、圧電性部位を有する構造体に造形すること;
上記三次元造形装置の造形材料を吐出するノズルの温度が、圧電性高分子の結晶化温度以上、融点未満の温度であること;
上記三次元造形装置のノズルの移動速度が、圧電性高分子を含む造形材料の吐出速度よりも速いこと;および
積層された圧電性高分子の少なくとも一部の延伸倍率が、1.5倍以上であること
を特徴とする圧電性高分子の造形方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT