動吸振器及び動吸振器の設計方法

開放特許情報番号
L2018001749
開放特許情報登録日
2018/8/10
最新更新日
2018/8/10

基本情報

出願番号 特願2014-250225
出願日 2014/12/10
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2016-109283
公開日 2016/6/20
発明の名称 動吸振器及び動吸振器の設計方法
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 動吸振器及び動吸振器の設計方法
目的 減衰つきの曲げ振動体型動吸振器として機能させることができる動吸振器及びその設計方法を提供すること。
効果 減衰つきの曲げ振動体型動吸振器として機能させることができる動吸振器及びその設計方法を提供することが可能となる。
技術概要
制振対象である振動体に取り付けられて、前記振動体の振動を抑制する動吸振器であって、
前記振動体に一端が取り付けられる曲げ振動体と、
前記曲げ振動体に取り付けられ前記曲げ振動体にかかる荷重を電圧に変換する圧電素子と、
前記圧電素子の電極間に接続される電気回路と、を備え、
前記電気回路がインダクタ及び抵抗器を含むことを特徴とする動吸振器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT