ガスセンサ_8_ガスセンサデバイス部品、ガスセンサデバイス及びその製造方法、情報処理システム_2017年度WIPO GREEN DB登録済

開放特許情報番号
L2018001707
開放特許情報登録日
2018/8/7
最新更新日
2018/8/7

基本情報

出願番号 特願2015-099750
出願日 2015/5/15
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2016-217757
公開日 2016/12/22
発明の名称 ガスセンサデバイス部品、ガスセンサデバイス及びその製造方法、情報処理システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ガスセンサデバイス部品、ガスセンサデバイス及びその製造方法、情報処理システム
目的 ガスセンサに備えられるガスセンサデバイスの感応膜が劣化しない構造を提供する。
効果 本ガスセンサデバイス部品、ガスセンサデバイス及びその製造方法、情報処理システムによれば、ガスセンサに備えられるガスセンサデバイスの感応膜が劣化しないようにすることができる。
技術概要
感応膜と、
前記感応膜の一方の側の面の少なくとも一部を覆い、ガスを検知する際に剥離可能な保護部材と、
前記感応膜の前記保護部材が設けられている側の反対側の面に設けられ、前記感応膜を介して電気的に接続される2つの電極とを備えることを特徴とするガスセンサデバイス部品。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 【SDGs目標】 3.すべての人に健康と福祉を, 11.住み続けられるまちづくりを

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT