遠心抽出器

開放特許情報番号
L2018001687
開放特許情報登録日
2018/8/3
最新更新日
2018/8/3

基本情報

出願番号 特願2016-162747
出願日 2016/8/23
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2018-030066
公開日 2018/3/1
発明の名称 遠心抽出器
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 遠心抽出器
目的 スラッジの洗浄に用いる洗浄液の量を抑制することができ、スラッジの洗浄時間も低減することが可能な遠心抽出器を提供する。
効果 回転軸芯に設けられる軸部流路と、ロータ内に設けられ、軸部流路と連通するロータ部流路と、ロータ部流路と連通するノズルと、を有しており、このような本発明に係る遠心抽出器によれば、スラッジの洗浄に用いる洗浄液の量を抑制することができるようになると共に、スラッジの洗浄時間も低減することが可能となる。
技術概要
ハウジングと、
回転軸によって前記ハウジング内に吊り下げられると共に、前記回転軸の回転に伴い回転するロータと、
前記回転軸芯に設けられる軸部流路と、
前記ロータ内に設けられ、前記軸部流路と連通するロータ部流路と、
前記ロータ部流路と連通するノズルと、を有することを特徴とする遠心抽出器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT