送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2018001661
開放特許情報登録日
2018/8/3
最新更新日
2018/8/3

基本情報

出願番号 特願2014-254612
出願日 2014/12/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-156636
公開日 2015/8/27
登録番号 特許第6298757号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 送信装置及びその受信装置
目的 デジタル放送のTSを伝送するのと同時にIPパケットなどの可変長パケットを効率よく伝送可能とする、送信装置及び受信装置を提供すること。
効果 TSパケットと同時に可変長パケットを多重化することが可能となることから、伝送路の構成上においても伝送機器の共有化を図りつつ効率よく伝送することが可能となる。また、送信装置において、可変長パケットのデータを格納する第3のパケット(即ち、本願明細書中の「TS‐likeパケット」)の先頭にTSパケットと同一の同期パターン(例えば、0x47がスロットの先頭1バイトに記述される)を割り当てるため、受信側で、TSパケットと当該第3のパケットとを識別する復調処理を軽減させることができ、効率よく伝送することが可能となる。
技術概要
TS(Transport Stream)パケットを割り当てる複数のパケット配置用スロットと1つの多重フレームヘッダ情報用スロットからなるフレームにて可変長パケットを多重伝送する送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT