疑似HDR画像推定装置及び方法

開放特許情報番号
L2018001659
開放特許情報登録日
2018/8/3
最新更新日
2018/8/3

基本情報

出願番号 特願2014-095079
出願日 2014/5/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-213234
公開日 2015/11/26
登録番号 特許第6292968号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 疑似HDR画像推定装置及び方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 疑似HDR画像推定装置及び方法
目的 低ダイナミックレンジのカメラを用いて、高ダイナミックレンジのカメラによる画像と同様の画像をリアルタイムに生成することができる疑似HDR画像推定装置及び方法を提供すること。
効果 低ダイナミックレンジのカメラを用いて、高ダイナミックレンジのカメラによる画像と同様の画像をリアルタイムに生成することができる。
さらに、事前作業が必要であるが、撮影中は煩雑な作業がなく、画像の取得がリアルタイムにできるため、特に生放送において、バーチャルスタジオの映像合成における違和感の低減やフォトリアルなCG生成などクオリティの面での飛躍的な向上が可能である。
技術概要
低ダイナミックレンジのカメラを用いてリアルタイムに高ダイナミックレンジの画像情報を取得する手法に関するもので、取得する画像情報の精度を3次元コンピュータグラフィックス技術により画像を描画する際に必要となる照明情報などに利用可能な程度とし、かつ事前に照明の配置などを計測しておき、照明効果が線形和であることを利用し各照明の強度を推定し、これを用いて画像情報の飽和している照明領域の輝度値を推定することにより、疑似的な高ダイナミックレンジ画像や、3DCG描画で有益な周囲画像と照明情報を取得するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT