撮像装置

開放特許情報番号
L2018001653
開放特許情報登録日
2018/8/3
最新更新日
2018/8/3

基本情報

出願番号 特願2014-066588
出願日 2014/3/27
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-192219
公開日 2015/11/2
登録番号 特許第6254883号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮像装置
目的 構造や製造プロセスを複雑化することなく、また、読み出し速度の高速化を抑えつつ、2つの異なる露光時間で撮影を行うことのできる撮像装置を提供すること。
効果 構造や製造プロセスを複雑化することなく、また、読み出し速度の高速化を抑えつつ、2つの異なる露光時間で撮影を行うことのできる撮像装置を提供できるという特有の効果が得られる。
技術概要
画素に配設される光電変換部と、光電変換部の出力端子に接続される転送ゲートと、転送ゲートを介して転送される光電変換部の出力信号を蓄積するフローティングディフュージョンと、フローティングディフュージョンをリセットするリセットスイッチと、フローティングディフュージョンに接続され、信号を読み出す選択スイッチと、転送ゲート、リセットスイッチ、及び選択スイッチを駆動する駆動部とを含み、駆動部は、第1露光期間における光電変換部での光電変換によって得られる第1映像信号をリセットスイッチ及び選択スイッチをオフにした状態で第1露光期間の最後に転送ゲートをオンにすることにより、光電変換部からフローティングディフュージョンに転送し、第1露光期間の終了後に、選択スイッチをオンにしてフローティングディフュージョンから第1映像信号を読み出し、選択スイッチがオンの状態で、第1露光期間に続く第2露光期間の最後に転送ゲートをオンにして、第2露光期間における光電変換部での光電変換によって得られる第2映像信号を読み出し、第2映像信号を読み出した後に、選択スイッチがオンの状態でリセットスイッチをオンにしてフローティングディフュージョンをリセットする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT