快削鉄系形状記憶合金

開放特許情報番号
L2018001639
開放特許情報登録日
2018/7/27
最新更新日
2018/7/27

基本情報

出願番号 特願2012-184073
出願日 2012/8/23
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-040645
公開日 2014/3/6
登録番号 特許第6103746号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 快削鉄系形状記憶合金
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 快削性を有する鉄系形状記憶合金
目的 従来切削性に問題を有している高濃度のMnを含有する鉄系形状記憶合金の切削性を改善すること。
効果 本発明に拠るh−BNが微細分散析出した快削鉄系形状記憶合金は、従来のh−BNを含まない鉄系形状記憶合金に比較し、切削抵抗が低下し、工具摩耗が大幅に減少し、工具費用、工具交換時間が低減し、加工費及びエネルギーの低減化が図れ、更に切屑処理性も改善される。
技術概要
実用鉄系形状記憶合金であるFe−28%Mn−6%Si−5%Cr(質量%)合金に0.001〜0.1質量%のBおよび0.001〜0.1質量%のNを含有する快削高Mn鉄系形状記憶合金であって、
前記快削高Mn鉄系形状記憶合金のB/N(Bの添加量を原子%で表した値をNの添加量を原子%で表した値で除した値(モル比))が0.1〜1.0の範囲であり、
快削性付与剤として微細なh−BNが均一に鋼中に析出物として分散していると共に、前記微細なh−BNの粒径が、200nm以上、10μm以下であることを特徴とする快削高Mn鉄系形状記憶合金。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT