小径Ni3Cナノ粒子の製造方法、小径Ni3Cナノ粒子含有電極触媒及びその製造方法

開放特許情報番号
L2018001623
開放特許情報登録日
2018/7/26
最新更新日
2018/7/26

基本情報

出願番号 特願2012-256243
出願日 2012/11/22
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-101266
公開日 2014/6/5
登録番号 特許第5991670号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 小径Ni3Cナノ粒子の製造方法、小径Ni3Cナノ粒子含有電極触媒及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 小径Ni↓3Cナノ粒子の製造方法、小径Ni↓3Cナノ粒子含有電極触媒及びその製造方法
目的 これまでになく小さい、粒子径10nm未満の小径Ni↓3Cナノ粒子及びその製造方法、小径Ni↓3Cナノ粒子含有電極触媒及びその製造方法を提供する。
効果 本発明の小径Ni↓3Cナノ粒子は、粒子径10nm未満である構成なので、単位量(グラム)当たりの表面積を高くでき、表面で触媒反応させる電極触媒の材料として用いた時に、触媒活性を向上させることができる。また、NiとCはどちらも値段が安く、豊富な元素であるので、工業的に量産して使用することができ、低製造コストで、製造のための材料調達が容易な、燃料電池の電極触媒を提供することができる。
技術概要
減圧下、150℃以上200℃以下で、Ni−Cpクラスターを加熱して、粒子径10nm未満の小径Ni↓3Cナノ粒子を製造することを特徴とする小径Ni↓3Cナノ粒子の製造方法。
電極基板と、前記電極基板上に形成されたプロトン導電性高分子からなる膜と、前記プロトン導電性高分子膜からなる内に分散されたNi↓3Cナノ粒子と、を有し、
前記プロトン導電性高分子膜の膜厚が50nm〜500nmであり、
前記Ni↓3Cナノ粒子が、粒子径10nm未満の小径Ni↓3Cナノ粒子であることを特徴とする小径Ni↓3Cナノ粒子含有電極触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT