金属検出センサー並びに金属検出方法及び装置

開放特許情報番号
L2018001622
開放特許情報登録日
2018/7/26
最新更新日
2018/7/26

基本情報

出願番号 特願2012-257009
出願日 2012/11/26
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-106011
公開日 2014/6/9
登録番号 特許第6124327号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 金属検出センサー並びに金属検出方法及び装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 金属検出センサー並びに金属検出方法及び装置
目的 GCやAASに匹敵するような高感度であって、かつ特殊な前処理を行うことなく比較的一般的な機器を使用して水銀等の金属種の原子やイオンの検出を行うことができる、環境水中の微量な元素の原子やイオンの検出に適したセンサーを提供し、また当該センサーを使用した金属検出方法及び装置を提供すること。
効果 本発明によれば、化学的な前処理や特殊な専用装置を使用せずに従来の高感度測定に匹敵する金属イオン検出感度を有する金属検出センサー並びにこの金属検出センサーを利用して金属原子やイオンを検出する金属検出方法及び装置が与えられる。
技術概要
導電性材料で構成したナノ構造体の少なくなくともプラズモン共鳴が生起する領域上に検出対象の金属と結合するアプタマーを設けた、プラズモン増強振動分光法測定用の金属検出センサー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT