耐酸化性NiAlナノ粒子及びその製造方法、耐酸化性NiAlナノ粒子含有ボンドコート層

開放特許情報番号
L2018001621
開放特許情報登録日
2018/7/26
最新更新日
2018/7/26

基本情報

出願番号 特願2012-287587
出願日 2012/12/28
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-129564
公開日 2014/7/10
登録番号 特許第6099251号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 耐酸化性NiAlナノ粒子及びその製造方法、耐酸化性NiAlナノ粒子含有ボンドコート層
技術分野 機械・加工、金属材料、輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐酸化性NiAlナノ粒子及びその製造方法、耐酸化性NiAlナノ粒子含有ボンドコート層
目的 耐酸化性NiAlナノ粒子及びその製造方法、耐酸化性NiAlナノ粒子含有ボンドコート層を提供すること。
効果 本発明の耐酸化性NiAlナノ粒子は、Ni↓(100−X)Al↓X(4≦X≦6)からなり、粒子径100nm未満である構成なので、空気中の安定性を高めることができ、取り扱いが容易になるとともに、Ni金属層内に分散させても、安定性を保つことができ、安定してNi合金層とZr酸化物層とを強力に接合保持できるボンドコート層を形成することができる。
技術概要
耐酸化性NiAlナノ粒子であって、
前記NiAlナノ粒子は、Ni↓(100−X)Al↓X(4≦X≦6)で表される合金であり、ここでXは、Ni金属中の格子に位置するAlの含有量を示し、粒子径100nm未満であることを特徴とする耐酸化性NiAlナノ粒子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT