潜熱蓄熱体、潜熱蓄熱体の製造方法、および、熱交換材料

開放特許情報番号
L2018001602
開放特許情報登録日
2018/8/14
最新更新日
2018/8/14

基本情報

出願番号 特願2016-514724
出願日 2015/4/23
出願人 国立大学法人北海道大学
公開番号 WO2015/162929
公開日 2015/10/29
発明の名称 潜熱蓄熱体、潜熱蓄熱体の製造方法、および、熱交換材料
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 潜熱蓄熱体およびその製造方法
目的 蓄熱サイクルの過程でも安定で、例えば150℃以上といった比較的高温でも利用可能な、蓄熱密度と熱伝導性に優れた潜熱蓄熱体を提供すること。
効果 本発明に係る潜熱蓄熱体は、潜熱蓄熱材料から成るコア粒子の表面が該コア粒子の組成元素の酸化被膜で被覆されている。そして、このコア粒子は、金属若しくは合金の潜熱蓄熱材料から成る。
このため、コア粒子とこれを収容するシェルに相当する酸化被膜を別々に作製した上でシェルの内部にコア粒子を収容するという工程が不要となることに加え、体積の最も大きい液相状態でカプセル化が進行する。そのため、溶解した潜熱蓄熱材料の成分は酸化被膜で覆われた空間内部に留まり、酸化被膜が損傷を受けることがない。
技術概要
潜熱蓄熱材料から成るコア粒子の表面が該コア粒子の組成元素の酸化被膜で被覆されており、
前記コア粒子は、金属若しくは合金の潜熱蓄熱材料から成ることを特徴とする、潜熱蓄熱体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡に関しては応相談。下記は研究シーズのURLです。

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/208/

米国:15/305950 欧州:15782845.0

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT