植物の生長を促進する方法、植物生長促進物質を製造する方法及びこれらに利用されるタンパク質

開放特許情報番号
L2018001601
開放特許情報登録日
2018/8/14
最新更新日
2018/8/14

基本情報

出願番号 特願2017-526438
出願日 2016/6/30
出願人 国立大学法人北海道大学
公開番号 WO2017/002929
公開日 2017/1/5
発明の名称 植物の生長を促進する方法、植物生長促進物質を製造する方法及びこれらに利用されるタンパク質
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 植物の生長を促進する方法、植物生長促進物質を製造する方法、及びこれらの方法において利用されるタンパク質
目的 植物、特にウキクサ科植物の生長を促進する機能を有する微生物の有効利用。
効果 PGPC関連遺伝子を有するP23株以外の新たな微生物を利用することができ、植物特にウキクサ科植物の生長を促進させることでバイオマス生産の効率を高めることができる。また、遺伝子工学的手法を用いてPGPC関連遺伝子を導入した組換え微生物を作製することで、植物の生長を促進させることのできる微生物種の範囲を拡大することができる他、PGPCの効率的な生産又は生長促進が期待される植物に合わせた微生物の利用が可能となる。
技術概要
本発明は、配列番号1〜5に示されるタンパク質をコードする遺伝子の少なくとも1つを発現可能に有する微生物(ただしアシネトバクター・カルコアセティカス P23を除く)を植物と共存させる工程を含む、植物の生長を促進する方法を提供する。本発明によれば、PGPC関連遺伝子を有するP23株以外の新たな微生物を利用することができ、植物特にウキクサ科植物の生長を促進させることでバイオマス生産の効率を高めることが可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡に関しては応相談。下記は研究シーズのURLです。

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/206/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT