YAG系蛍光体およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018001581
開放特許情報登録日
2018/8/2
最新更新日
2018/8/2

基本情報

出願番号 特願2015-122976
出願日 2015/6/18
出願人 国立大学法人北海道大学
公開番号 特開2017-008162
公開日 2017/1/12
発明の名称 YAG系蛍光体およびその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 YAG系蛍光体を製造可能とする技術
目的 燃焼合成法でYAG系蛍光体を製造する際の好適な条件を明らかにし、エネルギーコストに優れ且つ短時間にYAG系蛍光体を製造可能とする技術を提供すること。
効果 本発明により、燃焼合成法でYAG系蛍光体を製造する際の好適な条件を明らかにされ、その結果、エネルギーコストに優れ且つ短時間にYAG系蛍光体を製造可能とする技術が提供される。
技術概要
酸化イットリウム(Y↓2O↓3)粉末と酸化アルミニウム(Al↓2O↓3)粉末と金属Al粉末を含む素粉末を原料とし、前記金属Al粉末の酸化熱を利用してYAG(Y↓3Al↓5O↓12)系蛍光体を燃焼合成する、YAG系蛍光体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡に関しては応相談。下記は研究シーズのURLです。

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/84/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT