ワクモの防除方法及び該方法で利用されるワクモタンパク質

開放特許情報番号
L2018001571
開放特許情報登録日
2018/7/30
最新更新日
2018/7/30

基本情報

出願番号 特願2016-523581
出願日 2015/5/29
出願人 国立大学法人北海道大学
公開番号 WO2015/182754
公開日 2015/12/3
発明の名称 ワクモの防除方法及び該方法で利用されるワクモタンパク質
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、洗浄・除去
適用製品 ワクモの防除方法及び該防除方法に用いることのできる新規タンパク質
目的 ワクモに対する免疫応答を家畜に惹起させ、ワクモ体内で標的分子の機能を阻害することでワクモを防除する方法、そのために利用可能なワクチン抗原及び抗ワクモワクチンを提供すること。
効果 ワクモに対する特異的な免疫応答を家畜に惹起させることができ、吸血したワクモ体内にある標的分子の機能を阻害することで、ワクモを防除することが可能となる。
技術概要
配列番号1に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号2に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質及び/又はそれらの免疫学的等価物を家畜に投与する工程を含む、ワクモに対して特異的な免疫応答を家畜に惹起させる方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡に関しては応相談。下記は研究シーズのURLです。

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/30/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT