層間隔不変−層状無機/有機複合体、その製造方法及び湿度観測システム

開放特許情報番号
L2018001566
開放特許情報登録日
2018/7/25
最新更新日
2018/7/25

基本情報

出願番号 特願2013-045911
出願日 2013/3/7
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-172777
公開日 2014/9/22
登録番号 特許第6048960号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 層間隔不変−層状無機/有機複合体、その製造方法及び湿度観測システム
技術分野 化学・薬品、無機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 層間隔不変−層状無機/有機複合体、その製造方法及び湿度観測システム
目的 相対湿度が変化しても、層間隔を一定に保つことが可能な層間隔不変−層状無機/有機複合体、その製造方法及びX線源移動装置及び検出器移動装置を用いることなく、簡易に湿度を測定可能な湿度観測システムを提供すること。
効果 層間隔不変−層状無機/有機複合体は、相対湿度が変化しても、前記無機化合物層の層間隔が不変とされている構成なので、相対湿度を変化させると、積層構造を変化させるが、層間隔を一定に保つことができ、X線源移動装置及び検出器移動装置を用いることなく、簡易に湿度を測定可能な湿度観測システムを提供することができる。
技術概要
層面が互いに並行となるように配置されてなる複数の無機化合物層の層間に、疎水性を付与する有機基と水吸着有機分子とを有しており、
前記疎水性を付与する有機基は、その一端側が層面に強固に固定され、その他端側が、層面の対面側に一端側が固定された別の疎水性を付与する有機基の他端側と相互作用しており、
相対湿度が変化しても、前記無機化合物層の層間隔が不変とされていることを特徴とする層間隔不変−層状無機/有機複合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT