細胞凝集塊形成剤及び細胞凝集塊

開放特許情報番号
L2018001565
開放特許情報登録日
2018/7/25
最新更新日
2018/7/25

基本情報

出願番号 特願2013-057544
出願日 2013/3/21
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-180253
公開日 2014/9/29
登録番号 特許第6112551号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 細胞凝集塊形成剤及び細胞凝集塊
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞凝集塊形成剤及び細胞凝集塊
目的 添加濃度を増加させても細胞を死滅させることがなく、接着強度が高く、短時間で接着可能で、凝集能の高い細胞接着剤、及び、細胞が固く連結・凝集され、凝集性が高く、細胞生存期間が長く、細胞移植に応用可能な細胞凝集塊を提供すること。
効果 本発明の細胞接着剤は、細胞接着ペプチド配列を有する高分子からなる主鎖と、疎水基を有する側鎖とからなるので、細胞接着剤の一の疎水基を細胞の脂質2分子膜に突き刺して固定するとともに、別の疎水基を別の細胞の脂質2分子膜に突き刺して固定することができる。また、細胞接着剤の主鎖が有する細胞接着ペプチド配列も、細胞の表面に接着することができる。これらにより、2以上の細胞を容易に、かつ、短時間に連結・凝集できる。また、凝集形態を塊状とすることにより、細胞凝集塊を形成することができる。
技術概要
細胞接着ペプチド配列を有する生体高分子からなる主鎖と、疎水基を有する側鎖とからなる細胞凝集塊形成剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT