光触媒_19_口腔用器具及び該口腔用器具の洗浄方法_2017年度WIPO GREEN DB登録済

開放特許情報番号
L2018001543
開放特許情報登録日
2018/7/20
最新更新日
2018/7/20

基本情報

出願番号 特願2008-303042
出願日 2008/11/27
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2010-125067
公開日 2010/6/10
登録番号 特許第5321020号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 口腔用器具及び該口腔用器具の洗浄方法
技術分野 生活・文化、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、洗浄・除去
適用製品 口腔用器具及び該口腔用器具の洗浄方法
目的 口腔用器具に付着した菌(例えば、虫歯の原因となる虫歯菌、歯周病の原因となる歯周病菌、人体の疫病の原因となるバクテリア、ウイルス、細菌、カビ類などの病原菌など)を、簡便かつ効率的に分解除去することができ、しかも人体や環境に悪影響がない口腔用器具及び該口腔用器具の洗浄方法を提供すること。
効果 口腔用器具に付着した菌(例えば、虫歯の原因となる虫歯菌、歯周病の原因となる歯周病菌、人体の疫病の原因となるバクテリア、ウイルス、細菌、カビ類などの病原菌など)を、簡便かつ効率的に分解除去することができ、しかも人体や環境に悪影響がない口腔用器具及び該口腔用器具の洗浄方法を提供することができる。
技術概要
口腔用器具は、光触媒活性及び有機物吸着能を有する材料が、練り込みまたは表面コーティングされたことを特徴とする。
該口腔用器具では、口腔用器具に付着した菌(例えば、虫歯の原因となる虫歯菌、歯周病の原因となる歯周病菌、人体の疫病の原因となるバクテリア、ウイルス、細菌、カビ類などの病原菌など)を、簡便かつ効率的に分解除去することができ、しかも人体や環境に悪影響がない。
該口腔用器具の洗浄方法は、前記光触媒活性及び有機物吸着能を有する材料を含む洗浄液に、本発明の口腔用器具を浸漬して洗浄する洗浄工程と、前記洗浄液に、光触媒活性の発現に必要な所定波長の光を照射する光照射工程とを含むことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 【SDGs目標】 3.すべての人に健康と福祉を, 6.安全な水とトイレを世界中に, 11.住み続けられるまちづくりを, 14.海の豊かさを守ろう,

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT