NMR用キラルシフト剤、および、それを用いた光学純度または絶対配置を決定する方法

開放特許情報番号
L2018001527
開放特許情報登録日
2018/7/24
最新更新日
2018/7/24

基本情報

出願番号 特願2013-137744
出願日 2013/7/1
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-010974
公開日 2015/1/19
登録番号 特許第6128553号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 NMR用キラルシフト剤、および、それを用いた光学純度または絶対配置を決定する方法
技術分野 情報・通信、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 NMR用キラルシフト剤、および、キラルな物質の光学純度および絶対配置を核磁気共鳴分光法によって決定する方法
目的 キラルな物質と1対1で錯体化することのできるアキラルな分子から構成されるNMR用キラルシフト剤、ならびに、それを用いて種々のキラルな物質の光学純度および絶対配置を核磁気共鳴分光法によって決定する方法を提供すること。
効果 本発明によるNMR用キラルシフト剤は、酸性官能基を有するキラルな物質に加えて、アルコール、エステル、ケトン等の任意のキラルな物質に対してもキラルな情報をオキソポルフィリノーゲンに転送することができるので、汎用性が高い。
技術概要
アキラルなオキソポルフィリノーゲンからなり、
前記オキソポルフィリノーゲンが有する4つのピロール基のうち2つは、化学修飾によりブロックされており、
前記オキソポルフィリノーゲンとキラルな物質とは、ブロックされていない2つのピロール基において、1対1で錯体化する、NMR用キラルシフト剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT