光触媒反応促進方法

開放特許情報番号
L2018001521
開放特許情報登録日
2018/7/23
最新更新日
2018/7/23

基本情報

出願番号 特願2013-164634
出願日 2013/8/8
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-033659
公開日 2015/2/19
登録番号 特許第6120278号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 光触媒反応促進方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 光触媒反応促進方法
目的 既存の光触媒であるTiO↓2の使用環境を変えることにより、TiO↓2に従来よりも高い光触媒作用を発揮させること。
効果 既存の光触媒であるTiO↓2をそのまま利用し、自然界に比較的大量に存在するとともに従来から産業上広く利用されてきたことで回収技術等も確立されている不活性ガスであるArを雰囲気として使用するだけで、TiO↓2の触媒活性を大きく向上させることができる。
技術概要
陽イオン性の反応物質の水溶液に二酸化チタンを添加し、アルゴン気流下で光を照射することにより、前記反応物質に光触媒反応を生起させる光触媒反応促進方法であって、前記光触媒反応により二酸化炭素が生成される、光触媒反応促進方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT