表面応力センサ

開放特許情報番号
L2018001518
開放特許情報登録日
2018/7/23
最新更新日
2018/7/23

基本情報

出願番号 特願2014-226301
出願日 2011/5/9
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-045657
公開日 2015/3/12
登録番号 特許第5891465号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 表面応力センサ
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 表面応力センサ
目的 従来技術のピエゾ抵抗カンチレバーアレイセンサに比べて劇的に高い感度を与える、新規かつ単純な構造の表面応力センサを提供すること。
効果 本発明の表面応力センサは、複雑及び/または作製困難な構成を導入することなく、従来のカンチレバーベースの表面応力センサよりもはるかに高い感度を提供する。
技術概要
表面に表面応力が印加され、少なくとも二対の固定端を有する平坦部材を備え、
前記対の各々の固定端は前記平坦部材の周辺に対向して配置され、
前記平坦部材は平坦部材本体と少なくとも一つの固定端側の細幅部分を含み、前記固定端側の細幅部分は前記平坦部材本体と前記固定端の一つとの間に配置され、
前記少なくとも一つの固定端側の細幅部分はピエゾ抵抗部材を含み、前記平坦部材上の表面応力によって前記固定端側の細幅部分に引き起こされた撓みが前記ピエゾ抵抗部材の抵抗値に変化を起こすことを特徴とする表面応力センサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT