識別子発行装置、送信装置および受信装置

開放特許情報番号
L2018001505
開放特許情報登録日
2018/7/18
最新更新日
2018/7/18

基本情報

出願番号 特願2014-022698
出願日 2014/2/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-171215
公開日 2014/9/18
登録番号 特許第6227435号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 識別子発行装置、送信装置および受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 識別子発行装置および送信装置、ならびに、受信装置
目的 不特定多数の受信装置側で識別子を生成するのではなく、放送事業者側で受信装置個別の識別子を生成して受信装置に付与することが可能な識別子発行装置および送信装置、ならびに、その識別子を取得する受信装置を提供すること。
効果 受信装置を個別に識別する受信機識別を予め持っていない受信装置であっても、デバイス識別とデバイス鍵とによって、機器認証を行うことで、正当な受信装置に対して、確実に受信機識別を付与することができる。
また、受信装置で受信機識別を生成しないため、重複のない受信機識別を発行することができ、受信装置を個別に特定してメッセージの表示制御を行うことができる。
技術概要
デジタル放送の受信装置に、当該受信装置を個別に識別する受信機識別を発行する識別子発行装置であって、
前記受信装置に記憶されている当該受信装置のデバイスを識別するデバイス識別と暗号鍵であるデバイス鍵とを対応付けて予め記憶するデバイス情報記憶手段と、
通信回線を介してデータを送受信する通信制御手段と、
前記受信装置から、前記受信機識別の発行要求を、前記通信制御手段を介して受信する受信機識別要求受信手段と、
前記受信装置との間で、前記デバイス鍵を用いた共通鍵暗号方式により、前記デバイス識別の単位で機器認証を行う認証手段と、
この認証手段によって認証に成功した受信装置に対して、受信装置間で重複がない識別子で前記受信機識別を生成する受信機識別生成手段と、
前記受信機識別を要求した受信装置に対して、前記受信機識別生成手段で生成された受信機識別を、前記通信制御手段を介して送信する受信機識別送信手段と、
を備えることを特徴とする識別子発行装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT