画像処理装置、画像処理プログラム及び撮像装置

開放特許情報番号
L2018001496
開放特許情報登録日
2018/7/18
最新更新日
2018/7/18

基本情報

出願番号 特願2014-005298
出願日 2014/1/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-133069
公開日 2015/7/23
登録番号 特許第6239985号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像処理装置、画像処理プログラム及び撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理装置、画像処理プログラム及び撮像装置
目的 画像に含まれるぼやけを確実にキャンセルし、鮮鋭な画像を生成可能な画像処理装置、画像処理プログラム及び撮像装置を提供すること。
効果 画像に含まれるぼやけを確実にキャンセルし、鮮鋭な画像を生成することができる。
技術概要
撮像装置により撮像された画像から、焦点ぼやけの程度を表した点拡がり関数を推定し、前記画像に対して前記点拡がり関数の逆畳込みを行い、合焦画像を生成する画像処理装置において、
前記撮像装置に備えた絞りの開口を変化させて撮像された複数の画像を入力し、前記複数の画像のそれぞれをフーリエ変換し、前記複数の画像におけるフーリエ変換結果の比についての周期パターンを特定し、前記周期パターンに基づいて前記点拡がり関数のパラメータを算出し、前記点拡がり関数を推定する点拡がり関数推定手段と、
前記複数の画像のうちの少なくとも1つの画像に対し、前記点拡がり関数推定手段により推定された点拡がり関数の逆畳込みを行い、合焦画像を生成する逆畳込手段と、
を備えたことを特徴とする画像処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT