撮影装置及び画像補間装置

開放特許情報番号
L2018001489
開放特許情報登録日
2018/7/16
最新更新日
2018/7/16

基本情報

出願番号 特願2013-266313
出願日 2013/12/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-122679
公開日 2015/7/2
登録番号 特許第6247927号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮影装置及び画像補間装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮影装置、及び、画像補間装置
目的 データ量の低減と、解像度劣化の抑制とを両立できる撮影装置及び画像補間装置を提供すること。
効果 3原色の撮影画像のデータ量が大幅に低減された圧縮画像を生成し、圧縮画像の補間に必要な付加情報を付加して、カメラコントロールユニットに送信する。そして、カメラコントロールユニットは、圧縮画像に付加された付加情報を用いて、隣接画素の相関を考慮した補間により、被写体画像を生成する。これによって、撮影装置及びカメラコントロールユニットは、データ量の低減と、解像度劣化の抑制とを両立できるので、低消費電力化を図りつつ、高品質な撮影画像を提供することができる。
技術概要
被写体からの光を、3原色のうち予め定めた基準原色と、基準原色以外の第2原色と、基準原色及び第2原色以外の第3原色とに分光し、被写体を撮影する3板式の撮影装置であって、基準原色第1圧縮画像生成部と、基準原色第2圧縮画像生成部と、第2原色圧縮画像生成部と、第3原色圧縮画像生成部と、画像送信部と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT