ビット深度分解割当装置、ビット深度結合復元装置、画像符号化装置、画像復号装置、及びこれらのプログラム

開放特許情報番号
L2018001488
開放特許情報登録日
2018/7/16
最新更新日
2018/7/16

基本情報

出願番号 特願2013-264944
出願日 2013/12/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-122605
公開日 2015/7/2
登録番号 特許第6272689号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ビット深度分解割当装置、ビット深度結合復元装置、画像符号化装置、画像復号装置、及びこれらのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ビット深度分解割当装置、ビット深度結合復元装置、画像符号化装置、画像復号装置、及びこれらのプログラム
目的 ビット深度分解割当装置、ビット深度結合復元装置、画像符号化装置、画像復号装置、及びこれらのプログラムを提供すること。
効果 1つの高ビット深度画像を複数の低ビット深度画像に変換して伝送する際に、簡易な構成で、復元した高ビット深度画像の画質劣化を抑制することが可能となる。
技術概要
所定のビット深度を有する高ビット深度画像の画像信号を、当該所定のビット深度よりも低いビット深度を有する複数の低ビット深度画像の画像信号に分解して割り当てるビット深度分解割当装置であって、
前記高ビット深度画像の画像信号における各ビットを予め指定したビット単位で複数種に分解し、当該分解した複数種の各ビットを前記複数種に対応する複数の低ビット深度画像の画像信号用に割り当てるビット深度分解割当手段と、
当該割り当てられた各ビットについて当該高ビット深度画像の画像信号における最上位ビット側からの深度順位を維持して、上位のビット位置から順に配列することにより、当該複数の低ビット深度画像の画像信号の各々を生成する低ビット深度信号生成手段と、
を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT