立体像撮影装置、要素画像群生成装置、そのプログラムおよび立体像表示装置

開放特許情報番号
L2018001475
開放特許情報登録日
2018/7/13
最新更新日
2018/7/13

基本情報

出願番号 特願2013-236316
出願日 2013/11/14
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-094939
公開日 2015/5/18
登録番号 特許第6288820号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体像撮影装置、要素画像群生成装置、そのプログラムおよび立体像表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 立体像撮影装置、要素画像群生成装置、そのプログラムおよび立体像表示装置
目的 互いに重なり合うような広い画角の要素画像を記録することができる立体像撮影装置、要素画像群生成装置、そのプログラムおよび立体像表示装置を提供する。
効果 互いに重なり合うような広い画角の要素画像を記録することができる。
技術概要
インテグラルフォトグラフィ立体像表示装置で表示する立体像を表す複数の画像を撮影する立体像撮影装置であって、
複数の要素レンズを有する要素レンズアレイと、
複数の要素カメラと、
前記要素レンズアレイと、前記複数の要素カメラとの間に配置されるフィールドレンズと
を具備し、
前記複数の要素カメラの光軸間の距離は、前記フィールドレンズの焦点距離と、前記複数の要素レンズの主点間の距離との積を、前記要素レンズの焦点距離で割った値であり、
前記複数の要素カメラの撮像面の中心間の距離は、前記フィールドレンズの焦点距離と前記要素カメラの撮影レンズから撮像面までの距離との和を前記要素レンズの焦点距離で割った値から、前記要素カメラの撮影レンズから撮像面までの距離の2倍を前記フィールドレンズの焦点距離で割った値を引いた後、前記要素レンズの主点間の距離を掛けた値であり、
前記要素レンズアレイの配列の傾きを、前記インテグラルフォトグラフィ立体像表示装置における要素画像の配列の傾きにあわせること
を特徴とする立体像撮影装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT