送信装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2018001461
開放特許情報登録日
2018/7/12
最新更新日
2018/7/12

基本情報

出願番号 特願2013-211377
出願日 2013/10/8
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-096790
公開日 2014/5/22
登録番号 特許第6228419号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置及びプログラム
目的 OFDM信号を送信する送信装置であって、シンボル長、パイロット信号の配置、及びパイロット信号の符号系列が等しく、データ信号が異なる複数のOFDM信号間の同一チャンネル干渉による伝送特性の劣化を抑制することが可能なOFDM信号の送信装置及びプログラムを提供すること。
効果 シンボル長、パイロット信号の配置、及びパイロット信号の符号系列が等しく、データ信号が異なる複数のOFDM信号間の同一チャンネル干渉による伝送特性の劣化を抑制することができるようになる。
技術概要
OFDM信号を送信する送信装置であって、
送信信号をサブキャリアごとに所定の変調方式に応じてIQ平面へマッピングしてキャリア変調信号を生成するマッピング部と、
前記キャリア変調信号に対してパイロット信号の挿入、逆フーリエ変換、及びガードインターバルの付加を行い、OFDM信号を生成する出力処理部と、
前記OFDM信号の送信タイミングを調整する送信タイミング調整部と、を備え、
前記送信タイミング調整部は、OFDMシンボル長、パイロット信号の配置、及びパイロット信号の符号系列が等しく、且つデータ信号が異なる、希望局以外からのOFDM信号と、パイロット信号の送信タイミングが一致しないように時間差を設けることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT